【トランザクション処理】排他制御、リカバリ処理、トランザクション管理、データベースの性能向上、データ制御

排他制御、リカバリ処理、トランザクション管理、データベースの性能向上、データ制御についてまとめました。

【排他制御】

【リカバリ処理】

【トランザクション管理】

トランザクション管理
ロック リソース(表の行データなど)が他からアクセスできないようロックをかけることです。ロックの粒度とは、このロックをかける対象範囲です。この対象範囲には、「論理的な単位(データベース、表、行)」や「物理的な単位(ブロック、ページ)」があります。ロック粒度が細かいほどロックの競合が少ないため、同時実行可能なトランザクションが増える

データベースのトランザクション処理を行う場合、ACID特性と呼ばれる4つの特性をもつことが必要不可欠とされています。

ACID特性 性質
原子性 トランザクション内の処理がすべて実行されるか、または全く実行されないことを保証する性質(Atomicity)。
一貫性 トランザクションにより常にデータベースの整合性が保たれている(データの矛盾が生じない)ことを保証する性質(Consistency)。
独立性 複数のトランザクションを同時に実行した場合と、順番に実行した場合の結果が等しくなることを保証する性質(Isolation)。
耐久性 正常終了したトランザクションの結果が、その後障害等が発生しても失われないことを保証する性質(Durability)。

【データベースの性能向上】

【データ制御】

【ファイル】

ファイル名 概要
ダンプファイル データベースの内容をそのまま書き出したファイル。データベース移行のときなどに使用。
チェックポイントファイル コミットされたトランザクションをデータベースに書き出すときに、その情報を記録したファイル。
バックアップファイル 媒体障害の発生に備えてデータベースのコピーを保存したファイル。
ログファイル トランザクション開始前とコミット後の状態を保存したファイル。ロールバックやロールフォワードによって障害から復旧するときに使用し、データベースの永続性が保つことが可能。
関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事