【Python/OpenCV】カラートラッキング(色追跡)で移動物体検知

Python版OpenCVでカラートラッキング(色追跡)を実装し、移動物体を検出する方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

カラートラッキング(色追跡)で移動物体検知

カラートラッキング(色追跡)は、その名の通り、特定の色のみを検出して追跡します。
カラートラッキングには、通常RGB色空間ではなく、同系統の色の範囲を数値で指定しやすいHSV色空間を用います。
HSV色空間とは、「色相(Hue)」「彩度(Saturation)」「明度(Value)」の3つの組み合わせで色を表現する手法です。

HSV色空間の詳細については、以下ページで詳細に解説しています。

【画像処理】HSV色空間の原理・特徴・計算式
HSV色空間の原理や特徴、計算式についてまとめました。

色追跡の考え方については、以下ページで詳細に解説しています。

【画像処理】HSV色空間とカラートラッキングによる物体追跡の原理
この記事では、HSV色空間とカラートラッキングによる物体追跡の原理について解説します。

今回は、PythonとOpenCVで赤色物体を検知するプログラムを作成しました。

【HSV色空間の赤色】

赤色の範囲 赤色の範囲(OpenCVのHSV色空間)
H 0~60, 300~360[度] 0~30, 150~179
S 50~100[%] 128~255
V 00~100[%] 0~255
スポンサーリンク

サンプルコード(Python)

サンプルプログラムのソースコードです。


実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

スポンサーリンク

関連ページ

【Python版OpenCV入門】画像処理の基礎〜応用例までサンプルコード付きで徹底解説
Python版OpenCVで画像処理プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説するページです。
【Python】画像処理プログラミング入門
この記事では、Pythonで画像処理・画像解析プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説します。
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
この記事では、画像処理における基本的なアルゴリズムとその実装例(プログラム)についてまとめました。
Python画像処理
スポンサーリンク

コメント