【Linux】デフォルトのアクセス権(umaskコマンド)

Linuxにおけるデフォルトのアクセス権(umaskコマンド)についてまとめました。

スポンサーリンク

デフォルトのアクセス権(umaskコマンド)

umaskコマンドは、のユーザーがファイルやディレクトリを作成した際、デフォルトのパーミッションを指定するマスクを設定します。
作成したファイルのデフォルトパーミッションは666(rw-rw-rw-)、ディレクトリは777です。
この「デフォルトのパーミッション」と「umaskで指定されたマスクの論理否定」との論理積が、ファイルやディレクトリ作成時の最終的なパーミッションとなります。
umask値の設定にはパーミッションとして利用したくないビットを「1」として指定します。

スポンサーリンク

計算例1(ファイル)

umaskを所有者以外は書き込み不可の022(000 010 010)とする。
「000 010 010」の論理否定は各ビットを反転させた「111 101 101」となる。
デフォルトパーミッションは666(110 110 110)なので、最終的なパーミッションは

「110 110 110」 AND 「111 101 101」 = 110 100 100 (644)

となる。

スポンサーリンク

計算例2(ディレクトリ)

umaskを所有者以外は書き込み不可の022(000 010 010)とする。
「000 010 010」の論理否定は各ビットを反転させた「111 101 101」となる。
デフォルトパーミッションは777(111 111 111)なので、最終的なパーミッションは

「111 111 111」 AND 「111 101 101」 = 111 101 101(755)

となる。

umask [オプション] マスク値
オプション 概要
-p 現在設定されているマスク設定を8進数形式で表示
-S 現在設定されているマスク設定を記号(例:u=rwx,g=rwx,o=rwx)で表示

umaskコマンドにオプションを付けないで実行すると、現在設定されているumask値が表示されます。

$ umask
0022

デフォルト以外のumask値の変更はログイン中のみ有効となり、ログアウトするとumask値は元に戻ります。

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント