トランクポートとアクセスポートの違い

この記事では、トランクポートとアクセスポートの違いについて解説します。

トランクポートとアクセスポート

trunk-access
トランクポートとは、VLANを作成したスイッチ(L2やL3など)において、”他のスイッチと接続”するときに使うポート(接続口)のことです。
アクセスポートとは、VLANを作成したスイッチにおいて、”パソコンと接続”するときに使うポート(接続口)のことです。
複数のVLANのデータが通るポートがトランクポートで、一つのVLANのデータしか通らないポートがアクセスポートです。

L2スイッチやL3スイッチでVLANを作成したときには、他のスイッチと接続するポートをトランクポートに設定する必要があります。
そして、パソコンと接続するポートをクセスポートに設定します。

ちなみに、CISCO製以外のスイッチでは、トランクポートのことをタグポート、アクセスポートのことをアンタグポートと呼びます。

シェア&フォローお願いします!