【Python】クラス変数の追加

この記事では、Python言語でクラス変数を外部から追加する方法とソースコードを解説します。

【クラス変数】追加(自動生成)

Python言語のクラス変数は、クラス変数への代入を行った時、クラス文で定義されていなかった場合に自動的に生成してくれます。
これによりクラス変数を外部から追加することができます
これは他のプログラミング言語にはあまりない特徴です。

# -*- coding: utf-8 -*-

# クラスの定義
class MyClass():
    x = 10

# クラス変数を追加
MyClass.y = 20

# クラス変数の中身を表示
print(MyClass.y) # 20

クラス文内でクラス変数yを定義していなくても外部から追加してアクセスできることがわかります。

関連記事
1 Pythonでオブジェクト指向プログラミング
2 Python入門 基本文法
関連記事