【Python3】Hello World!

この記事では、Python3で「Hello World!」する方法ソースコード付きで解説します。

Pythonで「Hello World!」

まずは、プログラミング入門時にお馴染みの「Hello World!」。
Pythonでは、次のように1行のプログラムだけでできます。

Python3

print("Hello World!")

print関数に文字列を入れてやるだけです。
ただし、日本語の文字列を扱う場合、冒頭に「# -*- coding: utf-8」と付けます。

# -*- coding: utf-8
print("こんにちは世界")

C言語との比較

C言語の標準出力はprintf関数ですが、Pythonはprint関数と微妙に関数名が違います。
また、PythonではC言語のように「main関数」や「標準出力のためのライブラリ読み込み」は必要ありません。
文末にセミコロン(;)をつける必要もありません。
そのため、Python「Hello World」は1行でかけてしまいます。

C言語

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("Hello World!");
    return 0;
}

関連記事

Python入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!