【Python】お天気情報の取得

Pythonでお天気情報を取得する方法についてソースコード付きでまとめました。

livedoorお天気webサービスを使う場合

Python標準モジュール「requests」「json」を使って「livedoorお天気webサービス」からお天気情報を取得できます。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import requests
import json

def main():
    url = 'http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1'
    payload = {'city': '270000'} # 大阪のID
    data = requests.get(url, params = payload).json()

    print(data['title'])
    for weather in data['forecasts']:
        print(weather['dateLabel'] + ':' + weather['telop'])

    return

if __name__ == '__main__':
    main()

取得したい地域を変更する場合は、「livedoorお天気webサービス地域ID一覧」から地域IDを選びプログラムのID部分を書き換えてください。

関連記事
1 Python入門 基本文法
関連記事