【Linux】apt-cacheコマンドの使い方と実行例

Linuxのapt-cacheコマンドでパッケージ情報を照会する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

apt-cacheコマンドでパッケージ情報を照会

apt-cacheコマンドは、パッケージ情報を照会します。

apt-cache [オプション] [パッケージ名など]

オプション|概要
–|–
addパッケージファイルをソースキャッシュに追加
gencaches|パッケージ/ソースキャッシュを生成
showpkg|単一パッケージの一般情報を表示
showsrc|ソースレコードを表示
stats|基本情報を表示
dump|すべてのファイルを表示
dumpavail|存在するファイルを標準出力に出力
unmet|未解決の依存を表示
search|正規表現でパッケージを検索
show|パッケージの情報を表示
depends|指定したパッケージが依存しているパッケージを表示
rdepends|指定したパッケージに依存しているパッケージを表示
pkgnames|すべてのパッケージ名を表示
dotty|GraphVis用のパッケージグラフを生成
xvcg|xvcg用のパッケージグラフを生成
policy|ポリシー設定情報を表示

スポンサーリンク

【実行例1】インストールされたパッケージの情報を取得

$ apt-cache gencaches
スポンサーリンク

【実行例2】パッケージの情報を表示

$ apt-cache show package
スポンサーリンク

【実行例3】パッケージの詳細情報を表示

$ apt-cache showpkg package
スポンサーリンク

【実行例4】パッケージの依存情報を表示

$ apt-cache depends package
スポンサーリンク

【実行例5】キーワードを指定しパッケージを検索、依存するパッケージを表示

$ apt-cache search [キーワード]
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント