【Linux】bashの設定ファイルの実行順序

Linuxのbashの設定ファイルの実行順序についてまとめました。

スポンサーリンク

bashの設定ファイルの実行順序

bashの設定ファイルの実行順序は以下のとおり。

  1. ログイン後に「/etc/profile」を読み込む。
  2. 「/etc/profile」内のスクリプトが「/etc/profile.d/」の中にあるスクリプトを実行。
  3. ~/.bash_profile」が実行される。
  4. Bash起動時に「~/.bash_profile」の中にあるスクリプトが「~/.bashrc」を実行。※「.bash_loginファイル」がある場合には実行されない。
  5. 「~/.bashrc」内のスクリプトが「/etc/bashrc」を実行。
  6. ログアウト直前にbashが「~/.bash_logout」を実行。

「/etc/profile」には、ユーザ全体向けの環境変数を記述します。
「~/.bash_profile」には、個別ユーザ向けの環境変数を記述します。
「/etc/bashrc」には、全ユーザ向けの設定を記述します。

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント