【Linux】PCIとは?lspciコマンドで確認する方法

LinuxのPCI(Peripheral Components Interconnect)についてまとめました。

スポンサーリンク

PCIとは

PCI(Peripheral Components Interconnect)とは、コンピュータの機能を拡張する「拡張カード」を接続するための規格です。
IRQは自動割当てされますが、重複した場合は、BIOSでIRQを設定する必要があります。

スポンサーリンク

PCIデバイスの情報を一覧表示(lspciコマンド)

「lspci」コマンドを実行すると、PCIデバイス情報(デバイスの種類、ベンダー、デバイス名)を表示できます。

$ lspci

オプションに「-v」をつけると詳細情報「IRQ、I/Oポートアドレスなど)を表示できます。

$ lspci -v

オプションに「「-vv」を付けると、さらに詳しい情報を表示します。

$ lspci -vv
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント