【Arduino】IDEのインストール&ダウンロード(Windows編)

Windows環境にArduino IDEのインストールとダウンロード方法について解説します。

【Windows10編】Arduino IDEアプリのインストール

Windows10の場合、Arduino IDEアプリ(Windowsアプリ版)を利用するのが便利です。

動画解説版

動画でも解説しています。

① 以下のリンクからArduino公式サイトのダウンロードページを開きます。
http://arduino.cc/en/Main/Software

② [Windows app Requires Win8.1 or 10]をクリックします。

③ [JUST DOWNLOAD]をクリックします。

④ [入手]をクリックします。

⑤ [Microsoft Storeを開く]という確認ダイアログが表示されるのでクリックします。

⑥ Microsoft Storeアプリが開き、Arduino IDEのインストール画面が表示されるので[インストール]をクリックします。

【補足】インストールできない場合

これでインストールできない場合は、Microsoft Storeアプリからインストールします。

① スタートメニューからMicrosoft Storeアプリを開きます。

② 検索ダイアログで[arduino]と検索し、検索結果から[Arduino IDE]を選択します。

③ Arduino IDEのインストール画面が表示されるので[インストール]をクリックします。

【Windows7編】Arduino IDEのインストール

Windows7の場合、Windowsアプリ版は利用できないため、インストーラもしくはZIPアーカイブ版を使用します。
今回は手軽に利用できるZIPアーカイブ版の導入例を紹介します。

① 以下のリンクからArduino公式サイトのダウンロードページを開きます。
http://arduino.cc/en/Main/Software

② ページ下にある[Windows ZIP file for non admin install]をクリックします。

③ [JUST DOWNLOAD]をクリックします。すると、ファイル(arduino-1.8.9-windows.zip)をダウンロードできます。

④ ダウンロードしたファイル(arduino-1.8.9-windows.zip)を好きなフォルダに解凍・展開します。
これでインストールは完了です。あとは動作確認をしましょう。

⑤ 展開先のフォルダ中にある「arduino.exe」をクリックします。

⑥ 下画像のような画面が出たらインストール成功です。

関連記事
1 Arduino入門 基本的な使い方
2 【M5Stack入門】できること・使い方
関連記事