【エンジニアリングシステム】生産管理システム、MRP、PDM、CAE

エンジニアリングシステムとは?生産管理システム、MRP、PDM、CAEについてまとめました。

【はじめに】エンジニアリングシステムの意義と目的

【生産管理システム】

【MRP】

MRP(資材所要量計画:Materials Requirements Planning)は、部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、「在庫」「発注」「納入」の管理を支援する計画方式です。
製品の基準生産計画から部品の発注量をコンピュータで算出します。

MRPの流れ
1 製品の販売を予測。
2 各製品の組み立て時間を逆算。
3 資材表を使い製品を組み立てるのに必要な部品のリストを展開。
4 組み立て時間から逆算し、部品を順次発注する。
MRPの作業手順 必要な情報
①大日程計画の作成
②総所要量の計算 部品構成表
③正味所要量(不足分)の計算 在庫状況
④発注量の計算 発注方針
⑤手配計画の作成 基準日程
⑥手配指示

【PDM】

【CAE】

【JIT】Just In Time

必要なときに必要な量だけ生産する方式です。
在庫の無駄・作業の無駄を削減し、生産を最適化できる利点があります。

おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事