【抵抗計とは】直流抵抗計、交流抵抗計、絶縁抵抗計、接地抵抗計など

抵抗計とは?直流抵抗計、交流抵抗計、絶縁抵抗計、接地抵抗計などの違いについてまとめました。

【抵抗計とは】直流抵抗計、交流抵抗計の違い

抵抗計とは、その名のとおり抵抗値を測定する計器です。
大別して直流抵抗計、交流抵抗計という仕組みの違いがあります。

直流抵抗計 交流抵抗計
特徴 ●測定精度が高い高精度
●起電力の影響を受ける(直流重畳測定ができないため)
●巻線の直流抵抗(トランス、モータなど)、接触抵抗、絶縁抵抗、PCBの配線抵抗などの測定に使用
●起電力の影響を受けないリアクタンスの測定が可能
●測定精度をあげにくい
●バッテリーのインピーダンス、インダクタ、キャパシタ、電気化学測定に使用

【交流抵抗計】バッテリーテスタ

交流抵抗計は、バッテリーのインピーダンス、インダクタ、キャパシタ、電気化学測定などに使用されます。

参考文献・関連ページ
外部 導体伝導とコモンモード第9回 信号とノイズを選り分けるコモンモードフィルタの離れコモンモードノイズとその対策コモンモードノイズフィルター基礎講座高速差動データ伝送のコモンモードノイズと無線への内部干渉対策ディファレンシャル(ノーマル)モードノイズとコモンモードノイズノーマルモードノイズ、コモンモードノイズって何ですか?【LTspice入門】無料の回路シミュレータ
内部 【電池入門】基本原理・アルゴリズム電気・電子回路入門
電気・電子工学
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました