【VPNとは】仕組み、接続方法

VPN(バーチャルプライベートネットワーク)とは?仕組みや接続方法について解説します。

【VPNとは】仕組み

VPNとは、Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)の略です。
仮想プライベートネットワークとも呼ばれ、パブリックネットワーク(例:インターネット)を跨ってプライベートネットワークを拡張する技術です。VPNによってコンピュータはパブリックなネットワークを跨り、直接接続されたプライベートネットワークにつながっているかのように、プライベートネットワークの機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの利点を保ちながらデータを送受信できます。
これは2つの拠点間で、VPN用の接続方法や暗号化を用いることにより仮想的な接続を作り上げることで実現されています。

また、通信相手の固定された専用通信回線の代わりに多数の加入者で帯域共用する閉域網を利用し、LAN間などを接続する技術もしくは電気通信事業者のサービスもVPNの1つです。

おすすめ記事
1 【ネットワーク】データ通信と制御
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事