【Linux】aptコマンドの使い方と実行例

Linuxのaptコマンドでパッケージ管理する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

aptコマンドでパッケージ管理

aptコマンドは、Debian系のパッケージを管理するためのコマンドです。
パッケージとは、ソフトウェアを1つにまとめたものり(プログラム、ライブラリ、マニュアル、設定情報など)です。
Linux系OSでは、ソフトウェアをパッケージという単位で管理するのが一般的です。

apt [オプション] [ファイル名やパッケージ名]
オプション 概要
install 指定したパッケージをインストール
list パッケージの一覧表を出力
search キーワード パッケージの説明文からキーワード検索し、ヒットしたパッケージを表示
show 指定したパッケージの情報を表示
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント