【Linux】iotopコマンドの使い方と実行例

Linuxのiotopコマンドの使い方と実行例についてまとめました。

スポンサーリンク

プロセス毎のディスクI/Oを監視(iotopコマンド)

iotopコマンドは、プロセス毎のディスクI/Oを監視するコマンドです。
topコマンドのように、I/O処理が発生しているプロセスをリアルタイムでモニタリングできます。
(sarやvmstatコマンドでは、プロセス毎のディスクI/Oが確認できない)

iotop [オプション] 
オプション(省略形) オプション 概要
-o –only I/O処理を実施しているプロセス/スレッドのみ表示
-b –batch バッチモード
-n 数値 –iter=数値 終了までのモニタ回数(指定しない場合無限)
-u ユーザー –user=ユーザー 指定したユーザのI/Oだけを表示
-d 秒 –delay=秒 監視する時間間隔(デフォルトは1秒)
-p PID –pid=PID モニタするプロセスのPIDを指定
-P –processes プロセスのみ表示(スレッドは表示しない)
-a –accumulated I/O帯域幅(バイト/秒)ではなく累積値(バイト)を表示
-k –kilobytes キロバイト表示
-t -time タイムスタンプを表示(バッチモード)
-q –quiet ヘッダ表示の抑制(バッチモード)
-h –help ヘルプの表示
–version バージョンの表示

【iotop表示時のトグルキー】

トグルキー  同じ機能のオプション  説明
r  - 表示順序を逆にする。左右の矢印キーを押して、表示順序を逆にしたい項目を選択する(選択中の項目は黄色)。項目を選択したらrを押下する。もう一度rを押すと元に戻ります。
o -o, –only I/O処理を実施しているプロセス/スレッドのみ表示
p -P, –processes プロセスのみ表示(スレッドは表示しない)
a -a, –accumulated 帯域ではなく累積値の表示
q iotop表示終了
i プロセス/スレッドの優先度変更
スポンサーリンク

sysstatパッケージのインストール

sudo apt-get install sysstat
sudo yum install sysstat
スポンサーリンク

【実行例】メモリの統計情報を表示

メモリの統計情報を表示します。

$ vmstat

procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 5  0      0 926516 147648 1637024    0    0     0     5    3    6  1  2 97  0  0
スポンサーリンク

iotopのインストール

$ sudo apt-get install iotop

$ iotop --version
iotop 0.6
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント