【Linux】IRQ(割込み要求)

LinuxのIRQ(割込み要求)についてまとめました。

スポンサーリンク

IRQ(割込み要求)

IRQ(Interrupt ReQuest、割込み要求)とは、周辺デバイス(キーボード、SSDなど)の処理をCPUに通知(割り込み)するための信号です。
IRQの信号をCPUが受け取ると処理を一旦中断し、IRQの信号を送信したデバイスの処理を実行します。
IRQは0~15までの番号をデバイス毎に自動で割り当てています。手動で割り当てを行う場合には、IRQ番号が重複しないように気をつける必要があります。
IRQ番号の割り当ては「/proc/interrupts/」で定義されています。

$ cat /proc/interrupts
スポンサーリンク

関連ページ

429 Too Many Requests
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク

コメント