【Linux】unmountコマンドの使い方と実行例

Linuxにおけるunmountコマンドの使い方と実行例についてまとめました。

スポンサーリンク

デバイスのアンマウント(unmountコマンド)

mountコマンドは、パーティションを手動でアンマウント(マウントの解除)できます。

umount [オプション] [デバイスディレクトリ]
オプション 概要
-a 「/etc/fstab」で定義された全てのファイルシステムをアンマウント
-n 「/etc/mtab」に書き込まずにアンマウント
-r アンマウント失敗時、読み取り専用で再マウント
-v 詳細表示
-t type ファイルシステムのタイプを指定
スポンサーリンク

「umount: /mnt/cdrom: デバイスを使用中です」の対策

カレントディレクトリがデバイスディレクトリの状態でumountコマンド実行すると、「umount: /mnt/cdrom: デバイスを使用中です」とエラーメッセージが出ることがあります。
cdコマンドで、カレントディレクトリをデバイスディレクトリ以外(ホームディレクトリなど)に変更するとエラーが解消されます。

もしエラーが解消されない場合、以下の可能性があります。

  1. 他のユーザーがマウントしている
  2. 複数のターミナルを起動してマウントしている

上記の場合、fuserコマンドで、デバイスを使用するプロセスを確認し、kill(プロセスを終了)します。
(killする前に事前警告するののが良い)

$ fuser -mv /mnt/cdrom

USER PID ACCESS COMMAND
/mnt/cdrom/ XXXXX 11111 ..c.. bash

$ kill -9 11111
% umount /mnt/cdrom
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント