【電験3種】太陽発電設備・発電所

電験三種(電力)における太陽発電設備・発電所についてをまとめました。

【太陽発電とは】

【太陽光パネル】真南に向けて角度30度で設置が理想

太陽光発電は、日光を直角に受けられる角度にパネルを傾けることでより多く発電できます。
太陽の位置は、季節や時間帯、都道府県によって異なるため、最適なパネルの傾斜角度は厳密には変わっていきます。
しかし、それら全体を平均すると「真南に向けて角度30度」で設置が発電に最も効率的と言われています。
太陽の位置に応じて太陽光パネルの傾きを変えられるものもありますが、設置費用と維持費が高額であるため、地上設置型では「真南に向けて角度30度」に設置することが多いです。

傾斜のある屋根に太陽光発電を設置する場合、その屋根の傾斜角度がそのまま設置角度になる場合が多いです。
屋根に土台を設置する場合、ある程度角度を最適化することができます。

【電験3種】法規「電技・電気使用場所の施設(56-78条)」の攻略ポイントと例題
電験三種(法規)における「電技・電気使用場所の施設(56-78条)」の計算問題の攻略ポイントをまとめました。
【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ
電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました