【Matplotlib入門】グラフ作成、使い方とサンプル集

Pythonモジュール「Matplotlib」は、Python用の定番グラッフィクスモジュールです。短いコード量で効率よく線グラフ、棒グラフ、図形などのグラフを描くことができます。リストやNumPy配列のデータを渡してグラフ化できるので、データ分析ではよく使われます。
実際にどんなグラフを作成できるかは、「公式サイトのギャラリー」を見てみるとわかりやすいです。

【基礎】Matplotlibの使い方

Matplotlibの基礎的な使い方について、項目別に以下表に整理しました。
(リンクをクリックすると各項目の詳細ページにアクセスできます)

コラム 概要
インストール Matplotlibのインストール方法を解説します。
線グラフ 直線・曲線のグラフを作成します。
散布図 散布図のグラフを作成します。
棒グラフ 棒グラフを作成します。
ヒストグラム ヒストグラムを作成します。
円グラフ 円グラフを作成します。
図形 長方形、三角形、多角形、円などの図形をグラフにプロットします。
ベクトル(矢印) ベクトル(矢印)をグラフにプロットします。
スライダー スライダーを作成します。
横軸を日付データ 横軸を日付データにします。
3次元のグラフ 3次元の線グラフ、散布図を作成します。
リアルタイム描画 リアルタイムに動くグラフを作成します。
線類・線幅・線色 線類・線幅・線色を設定・変更する方法を解説します。
凡例 グラフに凡例を入れる方法を解説します。
点数 プロットする点の個数を設定する方法を解説します。
日本語文字を扱う 日本語文字を扱う方法を解説します。
文字/数式の挿入 文字/数式を挿入する方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました