【Flutter】iOSアプリをApp Storeに公開する方法

Flutterで作成したiOSアプリをApple Storeに公開する方法についてまとめました。

【iOS】アプリをApple Storeに公開

項目 概要
Apple Developerに登録 Apple Developerに登録していない場合は、登録を済ませます。
証明書の作成 Certificate(証明書)を作成します。
App IDを作成 App IDを作成します。
Profileを作成 Provisioning Profileを作成します。
AppStoreConnectに登録 iOSアプリを[AppStoreConnect]に登録します。
[App][バージョン]情報を編集 [App][バージョン]情報を編集します。
アーカイブの作成・アップロード [アーカイブ]を作成し、[アップロード]します。
アプリの提出・審査 アプリを[App Store Connect]で提出し、審査を受けます。
リジェクト時の対策 審査結果が駄目でリジェクトされた場合の対策です。
参考文献 [iPhone] iOSアプリを登録、申請して公開するまで
参考文献 [iPhone] アプリ申請のためXcodeでアップロードする
参考文献 [iPhone] Provisioning Profile を作ってみる
参考文献 [iPhone] iOSアプリを登録、申請して公開するまで
参考文献 Ios/iPhoneアプリ申請
参考文献 【iOS】複雑な証明書周りをあっさり整理してみた

【用語解説】

用語 概要
証明書署名要求(CSR) Certificated Signing Requestの略で、証明書(Certificate)を作成するために必要な、 認証局へ署名を依頼するメッセージ。Macのキーチェーンアクセスから証明書アシスタントを使って作成する。
Certificate アプリを作成するために必要な証明書。Appleのディベロッパーセンター(https://developer.apple.com/account/)でCSRファイルをアップロードして作成する。開発用(Development)と配布用(Distribution)が分かれており、それぞれ開発機でのデバッグとApple Storeへの登録申請に使う。
p12 証明書に付与されている秘密鍵。証明書(Certificate)の作成後、ディベロッパーセンターからダウンロードしてダブルクリックすると、Macのキーチェーンアクセスに自分の作成した証明書とそれに紐づく秘密鍵が表示される。秘密鍵を右クリックして書き出すと、「.p12」という拡張子のファイルが作成される。
App ID アプリを一意に定めるID(Apple IDと混同しないよう注意)。ディベロッパーセンターで登録できる。App IDは、XCode上で設定するBundle Identifierと同じにする必要がある。プッシュ通知など一部機能を使用しない場合はワイルドカード「*」で、まとめて登録することも可能。
Devices iPhone/iPad/iPhod touchなど、 ディベロッパーセンターに登録された開発用に利用する端末。端末をiTunesにつないで取得できるUDIDを、ディベロッパーセンターに登録することで作成できる。
Provisioning Profile 発行した証明書(Ceritificate)とApp IDを紐付けるファイル。証明書(Certificate)と同じく、開発用(Development)と配布用(Distribution)の2つに分かれる。両方ともディベロッパーセンターで作成する。開発用は登録したDeviceを選択して作成する。本番用(Apple Store登録用)を作成するときは、Deviceの選択は不要。作成後、ダウンロードしてダブルクリックするとXCodeで選択できる。
【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。
flutter
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました